愛媛県美術館で開催「ル・コルビュジェ展」に特別協賛

●概要

-「輝く都市」から「健康都市」を展望する-

20世紀モダニズム建築の巨匠「ル・コルビュジェ」の総合芸術としての足跡を辿る

『ル・コルビュジェ展』が5月29日より開催されました。 

ニンジニアは「ル・コルビュジェ展」に特別協賛しました。

 

●内容

ル・コルビュジェは近代合理主義をモダニズムに昇華させた20世紀建築史に残る巨匠です。高層ビルと高速道路のネットワークで都市機能を高める一方、歴史的建造物の保存を両立させ、誰にとっても快適な都市づくりを目指したのです。本展ではル・コルビュジェの都市計画を中心に総合芸術としての足跡を辿り、その業績を継承する日本、特に"愛媛のモダニズム建築"をご紹介します。そしてル・コルビュジェの遺産を「健康都市」の視点で未来に引き継ぐべく、展示や関連イベント、講演等を通して過去から未来への都市環境を展望します。

 

◆名称:ル・コルビュジェ展 

◆日時:2010年5月29日(土)~7月11日(日)

◆鑑賞時間:9:40~18:00

◆会場:愛媛県美術館

Corbusier_flier1_リンク先.jpg Corbusier_flier2_リンク先.jpg