【余談】ニンスタゲートのヒミツ

スタジアム正面に掲げられた看板にご注目。実はいろんなヒミツがあるんです!

 

 

■その1...「ニ」の中にニンジン!

ニンジニアスタジアムの文字の中に一箇所だけ赤い部分が。実は"ニンジン"の形になっているんです!

 

これは「ニンジニアネットワーク」の社名のキーワードとなっている"ニンジン"を社名ロゴと同じくニンスタのロゴにも取り入れたからなんです。

ニンスタゲートのヒミツ①jpg

 

 

■その2...昼と夜2つの顔がある!

白を貴重とした昼間の姿、すっきりとしていて爽やかさがありますよね。

それが夜になると・・・真っ暗な闇の中に現れるLEDの煌々とした光!ニンジニアスタジアムの文字が赤い光に照らされて立体的に浮かび上がるんです!!

力強さが加わってより強い存在感を示しています。

 

この昼と夜の2つの顔を、ぜひスタジアムで確認してみてくださいね!

ニンスタゲートのヒミツ②

 

 

■その3...無数の穴から光が!

ニンスタ看板の1番のこだわりが、夜の顔を演出するLED照明。

使用したLEDは、その数なんと白色1165球・赤色644球!

文字板に無数の穴をあけ、その背面にあるLEDの光が漏れ出してドット状に点灯する仕組みになっているんです。

自慢の夜間照明の点灯は、日没~21時まで。(季節によって変動あり)

ニンスタゲートのヒミツ③

 

 

■その4...1文字が約1.5m!

看板の全長はおよそ縦1.2m×幅15m

1つの文字でおよそ1.5m四方もあるから結構大きいんです!

ニンスタゲートのヒミツ④

 

 

実は、色々なヒミツがあるニンスタゲート。ぜひ間近で見てみてくださいね!